日常生活 生活の知恵

眼鏡が曇らないマスクの付け方

悩んでいる人

マスクを付けて眼鏡をかけていると、眼鏡が曇ってきて困ります。
曇らない方法ってないのかしら?

こんな悩みにお答えします。
ウイルス感染を防ぐには、マスクの付け方も大事なので、 マスクの正しい付け方と、効果的な使い方の記事も一緒にご覧ください。

マスクの中に、ティッシュペーパーを入れる

眼鏡が曇るのは鼻から吐いた息のせい。まずマスクをしっかり顔にくっつけて、空気が上の部分から抜けるのを少なくすることが大事です。
2011年にイギリスの外科医師会が公表した方法で、テッシュペーパーを使うだけで簡単にできるのでご紹介します。

ティッシュペーパーを、横長に折りマスクの長さにし、マスクの鼻の部分に入れ込むだけです。

こうすることにより、ティッシュペーパーが吐いた息の湿気を吸い込み、眼鏡が曇るのを防げます。

動画があるので、ご覧ください。英語ですみません。

粘着ガーゼテープを、マスクに貼り付ける

上記の動画の2つ目の方法です。
粘着ガーゼテープをマスクの鼻の位置あたりに貼り付けます。これで空気がマスクの上から抜けるのを防げるので、眼鏡が曇りません。

この方法は医学部の学生などが、ウイルス防止用の眼鏡が必要な時によくする方法だそうです。

眼鏡をマスクの上に置くように掛ける

ティッシュペーパも粘着ガーゼテープもない時は、眼鏡を掛ける時、マスクの上に眼鏡を置くような感じで掛けます。

マスクをまず、鼻の上によく引っ張って付けて、その上に眼鏡の重さで押さえるようにします。
眼鏡の形にもよりますが、この方法でも効果はありますよ。

まとめ

どの方法も簡単なので、お試しください。
他に眼鏡店で売っている、曇り止めスプレーを使ってみるのもいいかもしれませんね。

この記事がお役に立てれば幸いです。

-日常生活, 生活の知恵

© 2022 ひまりブログ