wordpress-backup-plugin

ワードプレス 生活の知恵

WordPress のバックアップを簡単にとる方法・初心者向け

常にバックアップはとっておきたいと言っても、難しかったり面倒だったら嫌ですね。

プラグインを使って、簡単にバックアップを取る方法をお伝えします。

プラグインでWordPress のバックアップを取る方法

プラグインの中でも有名なのが、BackWPup です。

このプラグインを使ってバックアップを取る方法をお伝えします。

BackWPupをインストールする

WordPress のプラグインから、BackWPup をインストールし、有効化します。

BackWPup の新規ジョップを追加する

ブラグインを有効化したら、BackWPup の新規ジョップ追加をクリックし、設定をしていきます。

一般の設定

このジョップの名前を入力します。自分の分かりやすい名前で結構です。

例えば、週1回バックアップを取りたい場合は、週1回バックアップ等。

このジョップは...の部分は、以下デフォルトのままでOKです。

次に、アーカイブ形式ですが、WindowsのPCを使っている場合はZipを、Macの場合はTarGZip を選びます。

バックアップファイルの保存方法は、フォルダーへバックアップにチェックを入れます。

変更に保存をクリックして一般設定の終了です。

スケジュールの設定

次にスケジュールの設定です。

ジョップの開設方法で、WordPress の cron を選びます。

バックアップ実行時間のスケジュールですが、投稿頻度によって選ぶのが良いと思います。

毎日記事を投稿している場合、毎日が良いと思いますが、週数回の場合は週を、月数回の場合は月を選ぶのが良いのではと思います。

毎週の場合は、スケジューラーの種類は、基本に、毎週にチェックを入れます。

日付、曜日、時間はバックアップの時間帯です。デフォルトでは、日曜日の朝3時になっています。

設定後、変更を保存をクリックします。

DB (データベース) バックアップの設定

バックアップをするテーブルは、全てにチェックの入った初期設定のままで結構です。

バックアップファイルの圧縮は、GZipにチェックを入れ、変更を保存するをクリックします。

ファイルの設定

テーマのバックアップ以外は、初期設定のままで結構です。

テーマのバックアップは自分の使っていないWordPress のテーマは、除外するにチェックを入れます。

最後に変更を保存をクリックします。

プラグイン

デフォルトのままで結構です。ファイルの圧縮なしを選択し、変更を保存をクリックします。

宛先フォルダー

バックアップファイルの保存先が確認できます。

BackWPup のジョップを確認する

新規ジョップの設定が終わったので、ジョップから設定が正しく入力されたか確認します。

次回の実行が指定して通り記載されていればOKです。

バックアップをすぐに取り、ダウンロードする方法

確認後すぐにバックアップを取りたい場合は、カーソルを入力済みのジョップ名に近づけるとリンクが現れるので、今すぐ実行するをクリックします。

ダウンロードが始まり、終了したら完了が表示されます。

ダウンロード出来たかを、バックアップをクリックして確認します。

ファイル名が表示されていたらOKです。

PCに保存する場合は、Zipファイルにカーソルを近づけ、ダウンロードをクリックしてください。

データ量が多い場合は、少し時間がかかることがあります。

まとめ

自動的にバックアップがとれるので、安心ですね。

設定も簡単なので、初心者におすすめです。

おすすめ記事

-ワードプレス, 生活の知恵

© 2022 生活ジャーナル