Domain mail with Gmail

IT ワードプレス

エックスサーバーで、独自ドメイン作成・Gmail送受信

ブログのお問い合せメールの返信には、Gmail, Outlook, Yahoo等のメールアドレスではなく、独自ドメインのメールを使いたいですよね。
ここではエックスサーバーで、お問い合わせ用独自ドメインのメールアドレスを作り、Gmail でWord Pressのお問い合わせメールを、ドメインメールを使いながら、送受信できる方法をご紹介します。

エックスサーバーで、独自ドメインメールアドレスを作る

まずエックスサーバー のアカウントにログインします。

次に【サーバー管理】をクリックし、以下の画面で、メールアカウント設定をクリックします。

「メールアカウントを設定するドメインを選択してください」 で設定したいドメインを選びます。

メールアカウント設定の画面になりますので、メールアカウント追加をクリックして下さい。
そこで、お問い合わせ用メールアカウントを作り、パスワードを入力し、確認画面へ進むをクリックします。

メールアカウント一覧をクリックして頂くと、先ほど入力したメールアドレスが出来ています。

独自ドメインのメールアドレスが出来ました。

独自ドメインのメールをGmailで受信できるように設定

次に独自ドメインのメールアドレスを、Gmail で受信できるようにする仕方です。

先ほど作成したメールアカウントの転送をクリックして下さい。

以下の画面になります。

「メールボックスに残すかどうかの設定」は、デフォルトでは残すになっています。

サーバーでもGmail でも確認できるので、受信漏れを防ぐために、残すの方が便利だと思います。


ここで転送先アドレスに、転送したいGmailのアドレスを入力し、追加するをクリックして下さい。

これで独自ドメインメールを、Gmailで受信できるようになりました。

Gmailから独自ドメインのメールで、送信できるように設定

次に受信したお問い合わせのメールを、独自ドメインのメールアドレスを使い、Gmailのアカウントから返信する方法です。

Gmailのアカウントにログインし、矢印の設定をクリックします。

設定のページから、アカウントとインポートをクリックし、他のメールアドレスを追加をクリックします。

以下返信用の名前と、独自ドメインのメールアドレスを入力して、次のステップをクリックします。

以下の画面で入力していきます。
ユーザー名は独自ドメインのメールアドレス、パスワードはドメインメールのために入力したパスワードです。

SMTPサーバーが最初ドメインアドレスになっています。ここを訂正しないとエラーになってしまいます
入力し直すためにエックスサーバーでで確認します。

エックスサーバーで、SMTPサーバーを確認します。
先程のメールアカウント設定から、メールソフト設定をクリックして下さい。
以下送信メール(SMTP)サーバーのアドレスを入力することになります

ポートはTLSを使用した場合は最初の設定587です。
全て入力出来たら、アカウントを追加をクリックして下さい。

以下の画面が現れますので、Gmailを確認してください。

Gmail チームから確認コードが記載されたメールが届いています。
このコードを入力し、確認をクリックして下さい。(コードの代わりにリンクをクリックすることも出来ます)

これで終了です。
Gmailの設定を確認すると他のメールアドレスが追加されたのが分かります。
アカウントとインポート」からデフォルトの返信モードを、メールを受信したアドレスから返信するに、変更してください。

お問い合わせのドメインメールを使って返信したい時には、差出人のところをクリックして
ドメインのメールアドレスを選択します。

まとめ

知っていると簡単にできますが、私自身多くのサイトを検索しながら、不十分だったり、誤った情報があったり、とても時間がかかってしまいました。

不明な点はエックスサーバー のカスタマーサービスに問い合わせをすると、すぐに回答してくれるので便利ですよ。


このサイトがこれから設置する方のために、お役に立てれば幸いです。

よく読まれている記事

-IT, ワードプレス

© 2022 生活ジャーナル